カナダの気候

やっぱり寒い?北部に位置するカナダの気候とは

MENU

カナダは世界で2番目に国土が広い国ですが寒帯、亜寒帯の地域であり厳しい寒さのために人が暮らせる地域が少なく国土面積の割に人口が少ない国です。

 

カナダは北部に位置している国ですので、寒冷地帯になっています。カナダの国全体が一部を除いて寒帯や亜寒帯になっていますから、日本人としては寒さには十分注意しなくてはなりません。

 

日本でも北海道や東北地方に住んでいるという方でしたら寒さにある程度慣れているかもしれませんが、あまり雪が降らないような地域に住んでいた方は、カナダでの生活に慣れるまでに少々時間がかかるかもしれません。

 

この寒さのために農業はほとんどできず、できたとしても小麦ぐらいです。カナダにあるアルバータ州、スサカチュワン州といった地方は、地球上のすべての世界の中でも人間が生活している場所としては最も寒い場所だとも言われているほどです。

 

カナダの主要都市も寒いが過ごせないほどではない

 

主な都市であるトロント、モントリオールは北海道の札幌と同じぐらいの北緯。アメリカの少し北ですが夏場の最高気温は25度を超えます。冬の気温は平均で-10〜10度ぐらい。

 

バンクーバー、カルガリー、ウィニペグはそれより北部の北緯約50度に位置します。冬場のバンクーバーは比較して温かく感じますが気温は-10〜10度ぐらい。

 

日本の冬場と同じかそれ以上の服装で

 

カナダは仕事、留学観光で日本人が多く訪れる国ですので気温に関してはしっかり服装を準備すれば問題ないでしょう。

 

こうした寒冷地帯のカナダですから、単純にカナダで就職・転職をしたとしても、実際に長く生活ることを考えておいたほうが良いです。生活してみたら結構厳しい状態になってしまって嫌になってしまう方も少なくありません。

 

もちろん、暖を取るための手段というのは日本とは比べ物にならないくらい色々なものがありますから、実際にカナダに赴いてから揃えていく必要があります。日本で揃えたとしても、いざカナダの実際の寒さを体感したらそれでは不十分だということに気がつくケースも多いのです。

 

こうした寒い環境が基本となっている地域であっても、近年どんどん近代化してきているのがカナダですから、これから新しい仕事を始めたりするというのも非常にさまざまなチャンスがある国だともいえます。